両国駅の住みやすさ【墨田区の中でも治安が良くて大人な住みやすい街】

      2018/04/30

スポンサーリンク

両国駅について

両国駅にはJR総武線の各駅停車が通っているほか、都営大江戸線が南北に走っている。

 

総武線を使えば新宿に30分弱で行けるし、大江戸線を使えば新宿・都庁方面はもちろん、六本木エリアや汐留などの港区エリアにも30分ほどでいける。

 

このように、行き先に応じて使い分けられるのが両国のアクセスの良さだ。

 

しかしながら、両線を乗り換えるには徒歩で6分ほどかかるため、接続はお世辞にも良いとはいえないのが玉に瑕。

スポンサーリンク

 

駅の東口・南口のバス停からは都営バスが運行しており、それぞれ亀戸・小岩駅の方面へ向かうバスが出ているほか、区役所方面や押上に向かうバスなどもあるため、電車ではアクセスしにくいエリアへも足を延ばしやすい。

 

両国は両国国技館を始め、江戸東京博物館など観光客向けの施設で有名な場所である。

両国国技館

駅を利用する人のほとんどは地元の人か観光客である。

 

特に相撲の聖地として知られる両国国技館を目当てに両国を訪れる人は多く、両国駅の南側にある時津風部屋や出羽海部屋といった相撲部屋は練習風景を一般開放しているため、朝早く見学に訪れる観光客が多い。

 

また、周辺には日大一高や安田学園などの名門校もあるため、朝晩は学生の姿も見かけるし、ライオンの本社もあるため、ビジネスマンもそれなりにみかけられる。

両国の住環境

両国駅は一言で言えば治安が良いけど、ちょっと寂しい街である。

 

「相撲の聖地」ということもあり、昼間は両国国技館や江戸東京博物館を観光しに全国各地や国外から人々が訪れる。

江戸東京博物館

また、駅の西側には南北を流れる隅田川があるため、川沿いを散歩して風景を楽しむ人の姿も見られる。

両国橋
photo0000-3802

 

これらの有名な観光地があり、浅草などにも近いため、外国人観光客の姿も比較的良く見かけるのも特徴的だ。

もちろん、相撲の聖地ということもあり、相撲部屋が多いため、街を歩いていると力士の姿も良く見かけるなど、これぞ両国!と感じさせることも多い。

 

ところが、夜間は打って変わって、人通りは少なくなる。

 

駅周辺もあまり繁華とはいえず、夜はどこか寂しい感じを醸しだすのが夜の両国なのだ。

 

両国エリア全体をみると、駅の北側は国技館や博物館、南側は飲食店などの小さなお店、東側には住宅街と業種別に住み分けが行われているのがよくわかる。

 

住環境としては駅の北東部のエリアが人気があり、実際にちょっとした高級住宅地として近年人気が高まっている。

 

一方で、駅の南側には京葉道路や首都高7号線が走るため住環境は良いとは言えないのが残念なところ。

京葉道路

 

駅の西側エリアには隅田川が流れているため、人気のある場所だが、隅田川テラスは両国駅国付近は首都高の真下を通っているためあまり景観は良くないので、景観に期待するとガッカリさせられるかも。

 

しかし、近くには横網町公園や旧安田庭園など、大きな公園があるので、癒しを感じたいときはこれらの公園に足を運ぶと良いだろう。

横網町公園

 

旧安田庭園

このように、両国は観光地として有名で華やかなイメージがある反面、意外と静かで自然も豊かな住環境の街といえる。

両国の治安

両国は夜が寂しい街だが、決して治安が悪くなるということはなく、むしろ閑静な雰囲気なので、意外と住みやすい。

 

住宅地も区画が大きく、道路の見通しも良く、坂も少ないためとても歩きやすいので、とても安心だ。

 

意外と家賃相場も高いため、怪しい人もいないし、錦糸町のような風俗店などもないため、街を歩いている人も落ち着いた大人や品の良い人が多い。

 

しかし、東駒形などは古い住宅地が多く、雰囲気も暗いため防災面含め、女性の一人歩きの際は十分注意したほうが良いだろう。

両国周辺で住むのにオススメのエリア

亀沢地区(駅の北東側)

 

亀沢地区の住宅地

 

一番人気の高い場所は、駅の東側にある亀沢地区の住宅街である。

 

都営大江戸線へのアクセスが良く、隅田川まで歩いても徒歩10分とかからない立地の良い場所だ。

 

物件数も豊富で静かで穏やかな毎日を過ごすことができるだろう。

 

このエリアなら、足を伸ばせば錦糸町駅も利用できるので、買い物面で物足りない両国の弱点を補うことができるため、利便性の面でもGoodだ。

両国の買い物事情

両国駅周辺には、生活で必要なものを購入できるような大型スーパーはあまりない。

 

亀沢や緑エリアにサミットやマルエツがあるので、そういった比較的小さめのスーパーを利用することになる。

サミット

 

マルエツ

 

ただ、マルエツは24時間営業なので急に小腹が空いたときでも利用できるので便利だ。

 

また、先述の亀沢エリアに住むのであれば、総武線の高架下にある生鮮マルシェがオススメ。

 

こちらは、生鮮品の品質が優れており、肉や魚、野菜などを安価かつ鮮度の良いものを大量に入手できる。

生鮮マルシェ

飲食店については駅周辺に居酒屋が数件あるのに加えて、やはりちゃんこ屋が目立つ。

 

特に最近ではハンバーガーで有名なシェイクツリーなど、隠れた名店も数多く出店しており、意外と食の面では大いに期待できる街といえる。

しかし、ファッションや小物を買えるお店や娯楽施設は少ないので、必要に応じて錦糸町方面か新宿方面へ出かけることになるだろう。

両国の家賃相場

  • 1R:8.22万円
  • 1K:8.64万円
  • 1DK:11.82万円
  • 1LDK:13.54万円
  • 2LDK:15.87万円
  • 3LDK:17.40万円

参考:homes

両国駅周辺の家賃相場は、シングル用のワンルームや1DKで月8~11万円の範囲内に収まることが多い。

 

最近は押上のスカイツリー効果もあってか再開発が進んでおり、新しいマンションが多いので、相場を押し上げてしまっている。

 

だが、本所吾妻橋との間のエリアには古い物件があるので、家賃を安く収めたい人はそのエリアを狙おう。

 

カップル・夫婦や家族連れなどの世帯であれば月15~18万円くらいで考えておこう

 

全体的にシングルやカップル向けの間取りはやや割高だが、ファミリータイプのマンションだと周辺の街よりややお得な相場なので、意外とファミリー層にとってはリーズナブルに住むことができるかもしれない。

総評

  • 家賃★★★
  • 利便性★★★
  • 住環境★★★★
  • 治安★★★★★

photo0000-1181

都営大江戸線を利用する人ならば非常に便利だが、JR総武線は各駅停車しか停まらず本数も少ないので少し不便である。

 

ただ、買い物については錦糸町を使うなど、臨機応変に対応すれば、不便さも解消することができるし、意外と探せば便利なお店も隠れているので、散策してみると新しい発見があるだろう。

 

また、近隣の錦糸町や亀戸などと比較すると治安も良いので、特にカップルやファミリー層には安心して住むことができる。

 

昼間以外は人が少ないので、錦糸町のような、混雑して繁華な場所が苦手な人が住むのに適した街と言える。

 

もうちょっと活気があって便利なエリアが良いなら、浅草錦糸町亀戸も候補に加えておくといいだろう。

felmat ietty

あなたは「わざわざ不動産屋に行って部屋を探さなきゃいけないのは大変だな~」と思っていないだろうか?

 

オンライン型の不動産屋 ietty に無料で会員登録すれば、不動産屋に行かなくてもLINEのようにチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せて、気になれば内見予約もしてくれる。

 

不動産屋に行くのがめんどくさい方や、遠方に住んでいて不動産屋に行く交通費が勿体ないと思っている方、押しの強い営業マンに対面で接客されたくない方にはオススメだ。

 

また、紹介される物件はすべて仲介手数料が半額なので、引っ越しの初期費用を安く抑えたい人には魅力的。

 

チャットで相談するだけなら無料なので、今すぐ引っ越す予定はなくてもいずれ引っ越すつもりなら登録だけでもしておくと良いだろう。

 

ietty無料会員登録はこちら(夜11時までチャット対応可能)

時間がない人こそチャット不動産!

 

同じくオンライン型不動産屋ではこちらもオススメだ。

物件探しの常識を覆すお部屋探されサイト。待ち時間なし。

関連記事広告

他の人は下記の記事も読んでいます。


 - 総武線, タウン情報(墨田区), 都営大江戸線