赤坂・赤坂見附・溜池山王の通勤者必見!通勤便利でオススメな街ランキングベスト5

      2017/06/22

赤坂周辺には、永田町や霞が関といった行政の中枢機関もあれば、プルデンシャルタワーやTBS、アパグループ本社など日本でも有数の企業の本拠地が集まっており、ビジネスマンが多く集まる。

東京はもとより、日本の政治・経済の中心的な側面を持つ赤坂・溜池山王エリアは日本有数の一等地なので、職住近接をしたくても家賃が高すぎるし、どの沿線も通勤ラッシュがキツく、通勤者の頭を悩ませている。

 

そこで、今回の記事では赤坂や赤坂見附、溜池山王に通勤する人におすすめの街を紹介。

 

どの街もラッシュを避けられるので通勤便利なうえに、住みやすく家賃も高すぎない街ばかりだ。

 

ぜひ、参考にしてみてほしい。

スポンサーリンク

5位:王子

赤坂見附まで28分

溜池山王まで22分

少し都心から遠いエリアではあるが、王子はかなりオススメできるエリアだ。

 

南北線を使えば、溜池山王まで乗り換えなしで22分ほどで着くし、南北線は他の沿線と比べてもそこまで通勤ラッシュがキツくないので体力を奪われることもない。

 

駅周辺には買い物ができるお店も充実しているし、飲み屋も多いのでプライベートも充実させられることだろう。

王子の住みやすさの記事はこちら

4位:東北沢

赤坂まで14分

溜池山王(国会議事堂)まで22分

下北沢と代々木上原に挟まれた穴場な街、東北沢。

 

小田急線は通勤ラッシュがきついが、各停しか停まらない上に乗換駅に挟まれている東北沢は実は通勤ラッシュはきつくない。

 

また、代々木上原からは千代田線の始発駅なので少し待てば座って通勤できるのも魅力的。

 

駅周辺は少し寂しいものの、ちょっと足をのばして下北沢や代々木上原で買い物をすればプライベートも充実すること間違いなし。

 

新宿方面へのアクセスも良いので、各方面に行くのにバランスがいい街といえる。

東北沢の住みやすさの記事はこちら

3位:荻窪

赤坂見附まで26分

溜池山王まで29分

 

丸の内線の始発駅である荻窪駅の魅力は、なんといっても確実に座って通勤できることだ。

 

少し都心から距離があるために時間がかかってしまうのが難点だが、座って通勤できれば体力の消耗を抑えられるのは見逃せないポイント。

 

駅周辺はタウンセブンやルミネをはじめ、買い物便利なお店が密集しているし、周辺は高級住宅街なので住環境も〇

 

少し家賃は高いので、多少お金に余裕があれば検討してみてもいいのではないだろうか?

荻窪の住みやすさの記事はこちら

2位:武蔵小山

赤坂見附まで21分

溜池山王まで18分

目黒線が通っている武蔵小山は駅周辺の商店街が充実しており、坂も少ないので歩きやすく便利な街並み。

 

それでいて、家賃も高すぎずバランスが良いのでかなりオススメできる街だ。

 

通勤事情についていえば、多少目黒線が混むものの、目黒駅でかなりの人が降車するので数分だけ耐えればあとは快適。

 

特にシングルやカップルで住むのにはオススメできる街といえる。

武蔵小山の住みやすさの記事はこちら

1位:田原町

赤坂見附まで24分

溜池山王まで22分

銀座線だけが通っている、ちょっと地味な存在の田原町だが、都心通勤には非常に便利だ。

 

まず、銀座線は延伸されていないので遅延が少ない上に、地上までの距離が浅いところに線路が通されているために、他の沿線ほど階段を下らなくていい。

 

地味に階段の上り下りは体力を奪われるので、地上からのホームまでの深さは見逃せないポイントでもある。

 

また、朝はほぼ確実に座って通勤できる。(浅草まで戻ればより確実だ)

 

買い物は浅草や上野まで行けばだいたいのものが揃うし、周辺は問屋街なので土日は静かで住みやすい。

 

意外と治安も悪くないエリアで家賃も高くないので、都心通勤の穴場の一つといえるだろう。

田原町の住みやすさの記事はこちら

まとめ

他のオフィス街と比較しても、通勤には苦労させられる赤坂見附・溜池山王界隈。

 

一流企業が集まる一等地で、多くのビジネスマンが集まる”戦場”だけに、通勤ラッシュも相当のものがある。

 

今回紹介した街に住めば、そんな戦場のような通勤ラッシュを少しでも楽に過ごせるようになるはずなので、勤務地が赤坂界隈になったときはぜひ参考にしてみてほしい。

関連記事広告

他の人は下記の記事も読んでいます

 - 通勤に便利な街ランキング