迷ったらここに住め!オススメエリア5選【女性ひとり暮らし編】

      2017/06/22

今回の記事では、女性の一人暮らしにおススメエリアを紹介しよう。

 

男性とは違って、女性の場合は利便性だけで語れない部分があるので、エリアを選ぶのは難しいのだが、それと同時に選ぶ楽しさがある。

スポンサーリンク

 

今回の記事も、私の独断と偏見ではなく、実際に取引している不動産屋さんのスタッフさんに、女性におすすめしている地域や、実際に女性から多かったリクエストをもとに作成している。

 

なので、客観性と実用度についてはそれなりに担保されていると考えて読み進めてほしい。

女性が住みやすい街とは?

何より治安。

男性なら、多少治安が悪くても何とかなるが、女性の場合はそうはいかない。

 

犯罪者が真っ先に狙うのは女性だ。

 

だから治安に不安がある街だと安心して住むことができない。

 

よって、犯罪マップで一面グリーン(犯罪発生件数が少ない)の地域を選別してピックアップした。

寂しすぎない(適度に都会)

いくら治安が良くても、あまりに寂しい街で街灯すらないようなエリアは寂しいもの。

 

それに、どれだけ治安が良くても犯罪が100%ないとは言い切れない。

 

そこで、今回選出したエリアは治安が良くて、かつ適度に栄えており、夜でもそれなりに人通りのあるエリアをピックアップした。

遊びに出やすい

男性だけに限らず、女性だって友達と遊びに出掛けるし、彼氏との大事なデートだってあるはずだ。

 

あまりに都心から離れすぎていると、遊びに行くのもおっくうになるし、家デートばかりになってマンネリしてしまう。

 

よって、今回選出したエリアは新宿・渋谷のいずれかに20分以内でアクセスできるエリアをピックアップしている。

オシャレ

いくら便利で治安が良くても、ダサいエリアには住みたくないのが乙女心というもの。

 

なので、今回はほどほどにオシャレだったり、オシャレなエリアに近接している穴場をピックアップした。

1Rで8万円以内に収める

給料が上がらないこの時代。誰だって家賃は抑えたいはずだ。

 

とはいえ、いくら家賃が安くても設備や外観がぼろくては家に帰るのも嫌になってしまう。

 

よって、今回選出したエリアは、いずれも1Rバス・トイレ別で8万円以内の物件が豊富なエリアをピックアップしている。

女性にオススメのエリア5選

経堂

(世田谷区・小田急線)

ダウンロード (6)

世田谷区といえば、高級住宅街で家賃が高いイメージをもたれることが多い。

 

だが、経堂は学生街なので駅から多少歩けば家賃の安い物件がたくさんあるし、坂もなく平坦なので移動も楽ちん

 

日常の買い物についても、農大通り・すずらん通りの2つの商店街に加え、経堂コルティでDVDレンタルや、雑貨などもそろえられる。

 

飲食店もこだわりのパクチー料理を提供するパクチーハウスを筆頭に、個性的で面白いお店が多い。

 

足回りについては急行に乗れば13分新宿までいける。(通勤時間帯は各停しか停まらないので要注意)

 

さらには終電の終着駅でもあるので、遅くまで仕事をしても、ちゃんと家に帰りつけるのもうれしいところ。

 

難点は、朝の通勤ラッシュだが、渋谷方面はバス通勤を視野に入れれば意外と快適なので目的地に応じて使い分けよう。

 

【治安】

ご覧のとおり、高級住宅街らしく治安はオールグリーンだ。

 

経堂2丁目と千歳船橋の船橋エリアはやや黄緑色だが、それ以外のエリアなら安全に暮らすことができるだろう。

経堂駅治安

 

【家賃相場】(homes調べ)

1R:6.57万円
1K:7.51万円
1DK:9.23万円
1LDK:12.62万円

経堂の住みやすさの記事はこちら

学芸大学駅

(目黒区・東急東横線)
ダウンロード (7)

 

大人気の東急東横線の急行停車駅の学芸大学。

 

今回紹介しているエリアの中では家賃はちょっと高いのだが、渋谷まで10分弱でたどり着ける足回りの良さと、落ち着きすぎていない、ちょうどいい栄えっぷりが魅力だ。

 

日常の買い物についても、駅の東西に延びた商店街のおかげで買い物も便利。

 

もし、もう少し家賃を抑えたいなら隣駅の祐天寺も視野に入れて探してみるといいだろう。

【治安】

画面一面が緑色で芝生のようだ。

 

さすがは都内有数の高級住宅街の目黒区。治安の良さはお墨付きである

 

家賃が高い碑文谷や鷹番エリアに住めば、セレブを気取ることもできるかもしれない。

学芸大学駅治安

 

【家賃相場】(homes調べ)

1R:9.46万円
1K:8.91万円
1DK:10.84万円
1LDK:15.24万円

※平均相場は高く出ているが、駅から10分ほど歩けば7万8万円台がゴロゴロあるのでご安心を。

学芸大学の住みやすさの記事はこちら

西荻窪

(杉並区・中央線)
images

 

人気の高い中央線の中でも穴場といえるのが、西荻窪だ。

 

西荻窪は荻窪と吉祥寺の間の駅で、どちらも歩いていくことができるし、電車を使えば新宿まで14分で行けるのも便利だ。

 

ただ、休日は中央線快速が停車せず、各停しか利用できないのが難点なので、乗る電車に注意しよう。

 

その分、街全体に落ち着いてのんびりした雰囲気が漂っている。

 

日常の買い物については便利で安い商店街があるので、そこでOKだろう。

 

また、街中にはオシャレな骨董品店やカフェが点在しており、休日の散歩も楽しいのが特徴。

 

思う存分中央線ライフを楽しめる。

 

【治安】

吉祥寺との境目のエリアが黄色・オレンジ色と危険だが、それ以外のエリアはおおむね治安は良好。

 

隣の荻窪は空き巣が多いのだが、なぜか西荻窪は空き巣犯にもスルーされているのが不思議だ。

西荻窪治安

 

【家賃相場】(homes調べ)
1R:7.22万円
1K:7.36万円
1DK:9.53万円
1LDK:12.17万円

西荻窪の住みやすさの記事はこちら

三鷹

(三鷹市、武蔵野市・中央線、東西線)
ダウンロード (8)

 

「さすがに三鷹までいくと遠くね?」と思われたかもしれないが、その考えは甘い。

 

中央特快が停まるので、距離と所要時間が比例しないのが三鷹の隠れた良さだ。
(中央特快の停車駅は三鷹→中野新宿だ。所要時間は12分)

 

さらに、東西線や中央線各停の始発駅でもあるので、運が良ければ座って通勤することもできる

 

このように、隣の吉祥寺よりも電車での都心アクセスが便利なくせに、家賃も安いという優等生なのだ。

 

駅周りも程よく栄えており、買い物は駅周辺で済ませられるし、仕事帰りなら新宿や吉祥寺で買い物をしてから帰るのもありだろう。

 

近隣にはジブリの森美術館や井の頭公園があるので、休日に散歩するのも楽しい。

 

【治安】

駅の南側や吉祥寺との境目はやや治安が悪い。

 

だがそれ以外のエリアは比較的治安が良いので住みやすい。

 

なお、駅を挟んで南側が三鷹市で、北側が武蔵野市になる。

 

微妙に行政ルールが違ったり、ゴミだし用の袋が異なると収集してもらえないので要注意。
(武蔵野市のごみ袋は40リットル10枚800円、三鷹市のごみ袋は40リットル10枚750円だ)

三鷹治安

三鷹市のごみ袋

ダウンロード

武蔵野市のごみ袋

musashino

【家賃相場】(homes調べ)

1R:6.44万円
1K:7.03万円
1DK:8.83万円
1LDK:12.60万円

三鷹の住みやすさの記事はこちら

武蔵小山

(品川区・東急目黒線)
ダウンロード (9)

 

「武蔵小山ってどこ?」と思ったあなたのために紹介すると、武蔵小山は目黒駅から目黒線で2駅隣の品川区の駅だ。

 

目黒までの所要時間は3分でいけるのだが、どこへ行くにも一回目黒駅で乗り換えなきゃいけないので、あまり知名度がないのだ。

 

だが、便利さや物価の安さは折り紙つき。

 

駅近くの商店街は地元のお店ががんばっており、物価が安くて、お惣菜もおいしいお店が多い。

 

また、目黒にほど近いエリアの割には家賃も安いのもうれしいところ。

 

問題は、駅周辺のお店が閉まる時間が速いので、終電ギリギリまで仕事をする人はあまり恩恵を受けられないところか。

 

【治安】

地味なエリアということもあり、犯罪は皆無。

 

隣の西小山も治安が良くて買い物至便なので、そちらとの間を狙うのも良いだろう。

武蔵小山治安

 

【家賃相場】(homes調べ)

1R:7.86万円
1K:8.08万円
1DK:9.52万円
1LDK:14.40万円

武蔵小山の住みやすさの記事はこちら

総評

 

今回ピックアップしたエリアは、女子が安心して住めて、かつ通勤通学が便利なエリアを厳選して紹介したつもりだ。

 

どれもやや家賃が高く見えるかもしれないが、あくまで”平均相場”であって、駅から歩いたり、築年数を妥協すれば設備の整ったマンションに安く住むことができる

 

数字に騙されないで、粘り強く物件を探そう。

 

もし、一人暮らしで住むエリアに迷ったら、この記事を参考にしてほしい。

 

きっと、あなたによいヒントをもたらしてくれるだろう。

関連記事広告

他の人は下記の記事も読んでいます

 - 〇〇な街ランキング